災害対策はどの程度する?

災害対策はどの程度する?

災害対策はどの程度するといいのでしょうか。
これから家を購入するのなら、まず何よりも、地盤のしっかりとした土地に家を建てる、もしくは、買うべきですね。
地盤が緩いと、どんなに災害対策をしてもあまり効果が期待できません。
それに、その分の費用が余計にかかってしまいます。
埋立地などの場合には、地震よって液状化が起こってしまい、住宅が損壊してしまうケースも多いものです。
もし、どうしてもそういう土地に家を建てるのであれば、補償の手厚い地震保険に加入しておくべきです。
また、地盤の強弱に関わらず、耐震構造に優れた工法で建てることも大切ですね。
建売の場合には、インターネットなどを使って、昔その土地がどんなところだったかを調べてみるのも一つの方法です。
もちろん、プロに依頼してもいいのですが、利害が絡むような業者に頼むと、不必要な工事をするはめになりかねませんから注意してください。
地盤の強弱以外にも、万一、大きな地震があった時に、津波がくる恐れがないかどうかも確認しておきましょう。
これも過去の資料などを調べると、ある程度の安全圏がわかります。
いざという時のことを考えたら、近くに河川や海がないような土地を選んだ方がいいですね。
災害の発生を正確に予測することはできませんが、過去の事例などを参考にすることはできます。
家を購入してからも、家具を固定したり、非常食や水などを常備したりといった災害対策は必要でしょう。
でも、一生住むつもりの家を買うのなら、災害に遭いにくい土地を選ぶのが一番の対策になるはずです。

念願のマイホームを購入する前に

●新築オウチーノ●
日本全国の新築マンション、新築一戸建てを探すことができます。
気になった物件をチェックして、資料を取り寄せしてみましょう。
中古物件も探せます。

全国の新築マンション
新築一戸建てを検索
新築オウチーノ

(中古もあるよ)



●at home 新築マンション●
コチラでは新築マンションのみ、全国から探せます。
気になる物件が見つかったら、資料の取り寄せを。

全国の新築マンション検索
新築マンション



●タウンライフ家づくり●
日本全国300社以上の注文住宅業者に、一括で家の間取りプラン、資金計画などを依頼できます。
あなただけの「家づくり計画書」を無料作成。
しかも、土地探しだって行ってくれます。
注文住宅を考えている人にぴったりのサービスです。

注文住宅・無料プラン
資金計画・土地探し
注文住宅



●建築家オウチーノ●
建築家・デザイナーに注文住宅の設計依頼ができます。
日本全国からデザイナー・建築家を探せて、無料でプランの相談ができます。

注文住宅のプラン
建築家・デザイナーに相談
建築家・注文住宅

災害対策はどの程度する?関連ページ

住宅購入とシックハウス対策
住宅購入後のメンテナンス