新築住宅の登記と登記費用

新築住宅の登記

登記というのは、不動産である土地や建物の詳しい所在や面積や、その不動産の所有者はだれであるかを明確に示すために行われるものです。
これらはすべて、法務局が行っています。
これらの登記を管理しているのは、登記簿です。
今までは登記簿は一般に公開されていて、不動産の取引をスムーズに運べるようになっていました。
最近は、登記簿ではなく、コンピューターで登記記録が管理されています。
法務局に行けば、こうしたコンピューターから、登記事項証明書をすぐに出してもらうことができます。
ただし、ここでは従来のように登記記録を自由に閲覧することはできません。
新築住宅の登記は、新築住宅を所有する人の所有権保存登記をします。
新築住宅でも土地を購入するまでは、違う人のものであったはずなので、所有権移転登記をします。
これは、今までの所有者から新しい所有者に所有権が移転するという証明書です。
もし、中古住宅なら、建物も所有権移転登記が必要になります。
新築住宅を購入する場合、民間の金融機関で住宅ローンを組むためには、その金融機関の抵当権設定登記を行わなければなりません。
そして、すべてのローンを完済すれば、こんどは抵当権抹消登記をします。
こうした登記にはすべて登録免許税がかかります。
新築住宅を購入する場合には、こうした登記に必要な予算も考えておかなければなりません。
住宅ローンや住宅取得特別控除を受ける場合には、登記事項証明書も必要になります。

新築住宅の登記費用

新築住宅には、建物の表示登記と所有権保存登記、または所有権移転登記が必要となってきます。
建物の場合は、新築住宅なので建物の所有権保存登記が必要ですが、土地の場合には、所有権移転登記が必要となります。
このどちらにも登録免許税がかかってきます。
これらの税金の額は、土地や建物の評価額によって計算されます。
建物の評価額は、1000万円の土地を購入した場合には、この額よりもずっと少ないのが普通です。
また、新築住宅を購入した場合には、建物の表示登記費用が必要となってきます。
これは、土地家屋調査士に依頼するもので、だいたい10万円程度だと考えると良いでしょう。
登記免許税は、土地の所有権移転登記では、評価額×0.01で、建物の所有権移転登記では、評価額×0.015となっています。
また、住宅ローンを利用して新築住宅を購入する場合には、抵当権設定登記が必要です。
これは、借入金×0.001となっていて、住宅ローンをどれだけ組むかによって変わってきます。
また、これら登記のすべては建物の表示登記費用も含めて、司法書士にお願いすることになります。
特に、住宅ローンを利用した場合には、金融機関が司法書士を指定する場合もあります。
自分で登記をするのは認められていません。
司法書士は、事務所によって報酬が違ってきます。
だいたい、3000万円で新築住宅を購入する場合には、10万から20万円くらいは登記費用として見積もっておくのが良いでしょう。

住宅購入の前に、ご覧ください

●新築オウチーノ●
全国の新築一戸建て・マンション両方を探せます。
気になる物件はチェックして、資料のお取り寄せを。
中古の物件も検索可能。

全国の新築マンション
新築一戸建てを検索
新築オウチーノ

(中古もあるよ)



●at home 新築マンション●
コチラは新築マンションだけ、日本全国から検索できます。
気になった物件があったら、資料の取り寄せを。

全国の新築マンション検索
新築マンション



●タウンライフ家づくり●
全国300社以上もの注文住宅業者に一括で資金計画、家の間取りプランなどを依頼できます。
あなただけの「家づくり計画書」を無料作成。
しかも、土地探しまで手助けしてくれます。
注文住宅を検討している方にぴったりのサービスです。

注文住宅・無料プラン
資金計画・土地探し
注文住宅



●建築家オウチーノ●
デザイナーや建築家に注文住宅の設計を依頼できます。
日本全国のデザイナー・建築家を検索できて、無料でプラン相談が可能です。

注文住宅のプラン
建築家・デザイナーに相談
建築家・注文住宅